年収だけでITコンサルタントに転職することは危険

年収だけでITコンサルタントに転職することは危険


ITコンサルタントは、花形の職業であり非常に年収が高いイメージがあります。しかし、その部分だけを見て転職してしまうと、痛い目に遭うことになるので十分に検討することが重要です。

いわゆる、稼ぐITコンサルタントは、その仕事の仕方が違います。基本的には大手企業の専属コンサルタントとして契約し定収を得ている場合がほとんどで、いわゆる顧問として勤務しているケースが多いのです。
大手企業専属ということで、その企業との関連性は非常に深く、若しその大手企業がIT系の企業で合った場合は、自社製品に関連したコンサルティングを中心に行うことになります。そして企業に利益を与える様なコンサルティングを良しとする傾向になるのです。
決してそのコンサルティングは間違っているというわけではなく、むしろその企業の製品が優れていればいるほどそのコンサルタントの評価も上がり、認められていきます。
そしてその大手企業の専属という肩書がネームバリューとなり、知名度が上がることで依頼する企業も増え、講演の依頼も多数増えていくので収入も上がっていく、という構図です。

しかし、ITコンサルタントに転職することでその人たち全てが大手企業の専属の座を勝ち取れるわけではなく、大半のITコンサルタントはそれほど高くない収入で必死に日々のその業務をこなしている場合がほとんどです。そしてその多くが企業に勤める会社員であり、完全にITコンサルタント一本で食べている人も実は少ないのです。
従って、一部のITコンサルタントの年収を見て、その部分に憧れて転職を考える人がもしいるのであれば、それは非常に危険が伴い安易な考えでもあります。もう一度十分に検討することをお勧めします。

おすすめサイト情報

インフラエンジニアが求人を探すなら

インフラエンジニアに必要な知識・スキル、求人情報など、転職の際に見ておきたい情報を解説します。

アプリ開発が未経験の求人で求められる人材

未経験可の求人で求められている人物像とはどのようなものなのでしょう。

システムエンジニアの求人事情とは

システムエンジニアの方の転職に関する情報を載せています。