未経験でITコンサルタントに転職する方法

未経験でITコンサルタントに転職する方法


ITコンサルタントは、数多いコンサルタント業の中でも花形の職業といっても過言ではありません。
企業のIT化に関しその状況を確認し、アドバイスを行うほか、IT化に向けての講演会や執筆活動など、非常に活躍の場所の多い職業です。しかし、明確な資格というものはないので、どのようにしたらなれるのか、また未経験の人がITコンサルタントになるためにはどのようにすればよいのかは明確な定義が無いのが実態です。

ITコンサルタントの多くは、企業でSEを経験した人が転職しています。そして、その多くは経営コンサルタントとして有益な資格を取得しているのが実態です。
経営コンサルタントというと、MBAが有名ですが、まさかITコンサルタントに転職している人すべてがMBAを取得しているわけではありません。では、どのような資格を持っているのでしょうか。

それは、中小企業診断士の資格です。あまりピンと来ないかもしれませんが、数年前から中小企業診断士の資格は日本版MBAと言われるほどその対象範囲が広くなっており、その資格を所有していることで経営論をほとんど網羅している人材と評価される資格になりました。
この資格を保有していることで、対外的にも経営論を理解している人間と評価され、コンサルタントとしての仕事が成り立つのです。
このような評価を受けている資格ですので、中小企業診断士の試験は難しいものと思われるかもしれません。しかし、中小企業診断士の資格保有者は決して少なくはありません。
企業に勤務しSE業務を日々こなしている人であれば、1年間しっかりと学習すれば取得できる資格とも言われています。ITコンサルタントに転職を希望する人は、まずはこの中小企業診断士の勉強を始めてみることからスタートしていくことが良いでしょう。

おすすめサイト情報

第二新卒でSEへの転職を目指す

第二新卒の人がSEになる為にはどうすれば良いのでしょうか? 転職の手助けとなる情報はこちらへ。

ITコンサルと社内SEの特徴とは【OKWave】

ITコンサルタントへの転職を考えている方の質問です。現役の方々の回答が参考になります。

ブリッジseになる為に

ブリッジSEという職業の説明。ブリッジSEになるための転職方法など。